首都圏です。

スタートアップ✖️家族社会学

VCに会いに行ってきた話。

実は先日とあるベンチャーキャピタルへお邪魔してきました。アポを取って、お時間をいただき自分の考えているプロダクトの説明をして色々とアドバイスをいただいた。

 

そもそもベンチャーキャピタルとは何かというところはネット上にたくさんあると思うので置いておくとして、どうやったらアポが取れるか、というと今の時代、とてもオープンでシードのベンチャーキャピタルはかなりハードル低く受け入れてくれています。サイトでも、twitterでも、情報は探せば探すほどある。プロダクトを作ろうと強く意識し始めてからはどんどん見つかる。

 

私は誰かの時間をもらうことは結構躊躇する方で、アポを取ってから行くまでの間はどうにかそのアポ時間が相手の無駄にならないようにと願いながら準備をし、簡単ではあるけれどkeynoteで資料を作って持って行った。結果的に良かったと思っている。資料がなくて空で話すなんておそらく無理だし、正直これでも足りなかったなと思っている。甘かった。

 

「アイディアレベルでOK」というのは、手ぶらで来ていいってことじゃなくて、「アイディアレベルを完璧に伝えられる準備してきて」ってことだと思って良いと思います。優しい言葉に甘えすぎてはダメ。自分への反省も込めて、先方はガチのビジネスとしてベンチャーキャピタルというお仕事をされているということを意識して伺うのが良いなと思います。私は自分の考えていた構想がうまく伝えられなくて、途中で諦めてしまったところがあった。その時点でダメだった。

丁寧に色々な助言をくださったり、業界や世の中の流れは理解されている、との言葉ももらったけれど、課題の深堀りが甘いということを強く意識し、私の中でもう一度練り直しフェーズに戻った。

一発で「やりましょう」なんてことにはならないと思っていたし、ベンチャーキャピタルの方もそうおっしゃっていた。負けないで進んでいこう。本業が忙しい、は本当にいいわけ。頑張ろう。